東京ドームの「野球殿堂博物館」に行こう!

ナビ部アラカルト

2016/08/24

野球殿堂博物館レポート その1

夏休みも終盤戦。部活や勉強、遊びのスケジュールもそろそろおしまい。
もし、野球観戦やコンサートなどで東京ドームに行くことがあったら、野球殿堂博物館をぜひのぞいてほしい。
取材協力:公益財団法人野球殿堂博物館

東京ドーム

東京ドームは読売ジャイアンツのホームグランド、日本プロ野球のメッカだが、野球殿堂博物館はプロ野球だけでなく、日本の野球の歴史、そして「今」を貴重な写真や、ユニホーム、バット、グラブなどを展示で紹介している。

イチローの歴代ユニフォームが・・・

東京ドーム21ゲートの右側、入り口で入場券(高・大学生  400円)を購入して館内に入る。

入ってすぐの場所には、今、大リーグで3000本安打を記録したイチロー選手の、オリックス・ブルーウェーブ、シアトル・マリナーズ、ニューヨーク・ヤンキース、マイアミ・マーリンズのユニフォームが。
すべて本人から寄贈された本物のユニフォーム。スパイクやグラブ、バットも。

 

左手は「プロ野球コーナー」。現在のセ・パ両リーグの主力選手たちのユニホーム、グラブ、スパイクなどがずらっと展示されている。

スター選手のサインが入ったユニホーム、ヤクルトはトリプル3の山田哲人、阪神は藤浪晋太郎。
グラブやバットも、今、活躍している旬な選手のものが並んでいる。野球殿堂博物館が、毎年各球団に依頼をして、最新のものを寄贈してもらっているそうだ。

ソフトバンクは内川聖一選手

西武ライオンズは岸孝之投手。

東京ヤクルトスワローズは山田哲人選手。背番号1、今年前半戦で使っていたユニフォーム。

讀賣ジャイアンツは坂本勇人選手。

偉大なプロ野球選手のコーナーも。

その奥には、王貞治、金田正一、福本豊、衣笠祥雄と、大リーグでも表彰される大記録を打ち立てた名選手を中心とした展示。

868本塁打、大リーグ記録を抜いた王貞治選手

日本プロ野球第1位の400勝を挙げた金田正一投手

2215試合連続出場を記録した衣笠祥雄選手

1065盗塁を記録した福本豊選手

まさにプロ野球のレジェンドに会うことができる。

野球殿堂博物館は、個人で使用する場合に限り、写真撮影が許可されている。カメラやスマホで、気に入ったモノを撮影しよう。

■開館時間
3月~9月  10時~18時
10月~2月  10時~17時
※入館は閉館時間の30分前迄
  

■入館料
大      人     600円(500円)
高・大学生   400円
小・中学生   200円(150円)
65歳以上    400円

(  ) 内は20名以上の団体料金

■休館日
月曜日
(但し、祝日・東京ドーム野球開催日・春・夏休み期間中は 開館)
年末年始(12月29日~1月1日)

 

公益財団法人野球殿堂博物館

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

 

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

1月は、ウィンタースポーツにまつわるいろいろな言葉を紹介する。
「氷上のチェス」ともいわれるカーリングは、近年人気急上昇中のウィンタースポーツだ。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ