侍ジャパン に会いに行く! 野球殿堂博物館

ナビ部アラカルト

2016/08/25

野球殿堂博物館レポート その2

東京ドームの中にある、野球殿堂博物館の紹介。日本とアメリカの野球の歴史をじっくり楽しむことができる施設だ。
取材協力:公益財団法人野球殿堂博物館

ベーブ・ルースが「OK」と言ったポスターも

野球殿堂博物館、名選手たちの紹介コーナーの奥の展示は「野球の歴史」。

アメリカで生まれた野球の歴史、そして明治初期に、お雇い外国人教師によって、日本にもたらされてからの野球の歩みを紹介している。

まるで剣道の面のようなキャッチャーマスク、短いバット、粗末なグラブなどは時代を感じさせる。

IMG_1174

 

B-Ruth

ポスターが一枚。伝説の大選手、ベーブ・ルースの顔が大きく描かれている。1934年の日米野球のポスターだ。ルースは日本行きを渋っていたが、日本から来た交渉係が、散髪中だったルースにこのポスターを見せたところ「OK」と言ったという。

ルースは日本で大歓迎されて、大きなホームランを何本も打っている。甲子園などルースがプレーをした球場には、今も記念のレリーフなどが設置されている。

次のコーナーは「アマチュア野球」。今年の春の選抜優勝校智辯学園と、昨年夏の優勝校東海大相模のユニフォームが飾られている。

まもなく、今年夏の優勝校作新学院のユニフォームも展示されるはずだ。

 

女子野球のユニフォーム。

大学野球、社会人野球、女子野球等のコーナーもある。

「シアター」では、昔のオールスターゲームなど、貴重な映像が流れている。

 

さらに「WBC」で活躍した「侍ジャパン」のユニフォームも展示されている。
今年の秋には、またWBCの予選が始まる。
来年春には本戦が。
前回は、優勝を逃した「侍ジャパン」だが、今年の活躍に注目が集まる。
そんな期待感とともに、「侍ジャパン」のユニフォームをじっくり観察したい。

野球殿堂博物館は、個人で使用する場合に限り、写真撮影が許可されている。カメラやスマホで、気に入ったモノを撮影しよう。

■開館時間
3月~9月  10時~18時
10月~2月  10時~17時
※入館は閉館時間の30分前迄
  

■入館料
大      人     600円(500円)
高・大学生   400円
小・中学生   200円(150円)
65歳以上    400円

(  ) 内は20名以上の団体料金

■休館日
月曜日
(但し、祝日・東京ドーム野球開催日・春・夏休み期間中は 開館)
年末年始(12月29日~1月1日)

公益財団法人野球殿堂博物館

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

1月は、ウィンタースポーツにまつわるいろいろな言葉を紹介する。
「氷上のチェス」ともいわれるカーリングは、近年人気急上昇中のウィンタースポーツだ。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ