管弦楽器専門店 三木楽器「WindForest」で、管楽器のそもそも話を聞いた。

ナビ部アラカルト

2016/09/12

吹奏楽の楽器について、楽器販売のプロに今更聞けないことも徹底的に聞いてみた! その1

大阪市中央区の三木楽器は、1825(文政8)年創業。191年の歴史を誇る。元は書籍を販売していたが、明治に入ってオルガン、ピアノの販売を開始。日本最古、そして国内最大級の楽器店だ。
三木楽器は心斎橋など大阪市内にいくつもの店舗を持っているが、今年8月11日、管弦楽器専門店 三木楽器「WindForest」をオープンした。

吹奏楽部員なら、一度は訪ねてみたい三木楽器「WindForest」

このお店は、吹奏楽部の部員なら、一度は訪ねてみたい専門店。サックス、トランペット、クラリネットなど楽器がずらっと並んでいる。

でも、品揃えの多さだけが“売り”ではない。

管楽器販売のプロが楽器の選び方、手入れの仕方、扱い方、修理の仕方までを徹底的に教えてくれるのだ。

吹奏楽に青春をかけて、うまくなりたい、いい音を鳴らしたい、ずっと音楽を続けていきたいと思う高校生たちに、「目から鱗」の情報を提供してくれる。

ナビ部では、三木楽器に行けない人、行く時間のない人のために、楽器に関するいろいろな話を徹底的に聞いてみた。

三木楽器市川均管楽器営業グループ次長(右)と、「WindForest」主任の渡辺邦啓さん

吹奏楽で使う楽器のラインナップ

三木楽器「WindForest」の担当者は、渡辺邦啓さん。

名門淀川工業高校(現工科高校)の吹奏楽部出身。三木楽器に入社して21年、楽器の販売と修理を手がけてきたプロ中のプロだ。

まず、吹奏楽で使う楽器のラインナップを表にしてみた。

 

01-Hyou

「吹奏楽に使用される楽器は大きく分けて管楽器と打楽器に分かれます。(一部弦楽器も使用)管楽器は、木管楽器と金管楽器に分かれますが、これは木製、金属製と言うことではなくリードなどの「発音帯」の違いで分けられます。

木管楽器はリードという植物性の薄片をマウスピースに取り付け、リードを振動させて音を出します。

フルートやピッコロ、リコーダーやオカリナはリードは使いませんが、楽器にリードに当たる形状の部分があって、そこに空気を当てて振動させて音を鳴らします。

これをエアリードと言いますが、リード楽器と同じ木管楽器の分類になります。

金管楽器は、マウスピースに唇を当て、唇を震わせて音を出します。これをリップリードと言います」

三木楽器「WindForest」は、木管楽器全般(オカリナ・リコーダー含む)、金管楽器のトランペット、ホルンと関連楽譜の販売を主に行っている。

トロンボーン、ユーフォニアム、チューバなどの中低音を受け持つ楽器と関連楽譜は、三木楽器「LowBrassCenter」、打楽器は三木楽器「DrumCenter」が担当している。

これらの専門店は、吹奏楽をこれから始める人はもちろん、今、やっている人にもいろんな発見があるお店なのだ。

三木楽器管弦楽器専門店 WIND FOREST

所在地 〒542-0081 大阪市中央区南船場3-10-5 Gビル心斎橋04A館 4F
営業時間 11:00A.M.~8:00P.M.
定休日 第3火曜日
TEL 06-6251-4596
FAX 06-6251-4576
E-mail wind@miki.co.jp

01-Map

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ