オーボエについて、三木楽器「WindForest」さんに徹底的に聞いた!

ナビ部アラカルト

2016/11/14

吹奏楽の楽器について、楽器販売のプロに今更聞けないことも徹底的に聞いてみた! その9

三木楽器「WindForest」渡辺邦啓さんに、吹奏楽の主要な楽器について徹底的に聞いていく。楽器の特色、ブランド、選び方、手入れの方法まで、徹底的にレクチャーする。第8回はオーボエ。

どんな楽器?

木管楽器。おおよそのところで、17世紀の中頃にフランスで生まれたといわれている。

オーボエの起源は葦笛と言われており、古代エジプトの壁画にもそうした楽器が描かれている。初期は、キイが2つ~3つしか付いていない簡単なもので、19世紀の終わりにフランスで画期的なメカニズム(コンセルヴァトワール式)が開発され、現在のオーボエの主流となっている。

吹奏楽ではソロ演奏が目立ちます。音量は小さいですが音色に音楽的な魅力があります。吹奏楽では1~2人だが、その音色にあこがれる人も多いですね。

他の楽器と比べると高価な楽器です」が、個人購入をされる人も多いです。

材質は?

管体の材質は主にグラナディラ、キイは洋銀製。オーボエは割れやすい楽器といわれており、上管の内部に樹脂加工を施しているメーカーもあります。

各パーツは大きく分けて、リード、上管、下管、ベルに分割されます。

どうして音を出す?

リードはダブルリード。チューブ(コルク部分)をリードソケットに直接差し込み吹きます。

リードは、そのまま吹ける完成品のものを購入して使用するのが一般的ですが、天然のケーン(葦)から作られており、同じ種類でも大きく個体差があるため、試奏してから購入するのがおススメ。(試奏可かは楽器店によって異なるので確認が必要)

オーボエは吹きやすさ、音色、音程がリードによって大きく左右され、経験が豊富な人は、材料から加工してリードを自作する人もいます。

 

リードを装着したオーボエ

その方がコストも安く、自分に合ったリードを製作する事ができるが、「使えるリード」を作れるようになるまでは相当な経験が必要になります。

また、一から作らず、完成品のリードを調整しながら使用することもあります。

リードは消耗品。沢山練習する人は、リードの消耗も早いので、1日の練習でも3~5本をローテーションしながら使用した方がリードの寿命が長持ちします。

オーボエのリード

様々な加工段階のケーン(葦)。リードの材料。

どんなメーカーがある?

ヤマハ

マリゴ

ビュッフェ・クランポン

フォサッティ

メーニッヒ

ヨーゼフ

リグータ

ロレー

 

クラリネット(上)とオーボエ

値段の違いは?

グラナディラのシーズニング(伐採してからの熟成、乾燥時間)、材質等、音響学的に質の良いものを厳選するなどによって価格が違います。

また、管体のボア(内径)や各パーツの作り込み、仕上げでも価格が違います。

トーンホールの削り方などでも価格が変わってきます。

当然ながら、製造にかかる時間、行程数が多くなるほど高級品となります。

クラリネットやフルートは、価格が高くてもキィの数はあまり変わりませんが、オーボエは価格が高い楽器ほど、キィの数が多く、替え指やトリル等、より高度な操作ができます。

逆に、価格を抑えた楽器はキイの数が少なく軽量なため、鳴らしやすいのが特徴です。

手入れは?

オーボエはクラリネット以上に「割れ」に注意。

息を吹き込む事で、唾液や結露が管内に発生します。

オーボエのタンポ(PAD)には革やコルク、ブラダーのタンポを使用しています。特にブラダータンポ(豚の腸を薄く延ばし乾燥させたもの)は水滴が付着すると、ブラダーが破れたり、フェルトが膨張収縮をし、息が漏れてなりにくくなります。

管内の水滴はスワブとよばれる吸水性に優れ、薄い布に紐と先端におもりが付いたもので手入れをします。タンポはクリーニングペーパーを使用し水滴を取り除きます。

唾液や結露をしっかり拭き取らないと、本体が割れることがあります。

オーボエなど木製の楽器は演奏(練習)の合間にもこまめに水滴を取り除く事が重要。

理想は、15~20分おきにこまめに手入れをすること。

そのために、スワブやクリーニングセットを椅子に掛けておくなど、手近においておき、常に手入れしましょう。

同じ時期に同じ楽器を買ったのに、「なぜ私だけすぐに楽器が悪くなる?」実はそうした手入れの有無で、大きな差が出ます。

そのうえで年に2~3回は楽器店に持ってきて調整のサービスを受けてほしいですね。

まとめ

・オーボエは魅力的な木管楽器。高価だが購入する人も多い。

・リードはダブルリード。ケーン(葦)から作る。材料から加工してリードを自作する人も。

・高価な楽器ほどキィの数が多く、替え指やトリル等、より高度な操作ができる。

・オーボエはクラリネット以上に「割れ」に注意。

・唾液や結露をしっかり拭き取る。15~20分おきにこまめに手入れするのが理想。

・年に2~3回は楽器店に持ってきて調整のサービスを受けてほしい

三木楽器管弦楽器専門店 WIND FOREST

所在地 〒542-0081 大阪市中央区南船場3-10-5 Gビル心斎橋04A館 4F
営業時間 11:00A.M.~8:00P.M.
定休日 第3火曜日
TEL 06-6251-4596
FAX 06-6251-4576
E-mail wind@miki.co.jp

01-Map

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

春の始まり、3月は、和、洋のスイーツにまつわることば。
「ポッキー」はグリコの菓子の商品名だが、今は一つの菓子のジャンルと言ってよいほど愛好されている。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ