免許を取るにはまとまった時間が必要だ!  高校生に免許を取ってほしい理由 2

みんな、運転免許とろう!

2016/09/19

運転免許を取得すると言うこと その3

「ナビ部」を運営する一般社団法人青少年自助自立支援機構は、高校生の皆さんに「運転免許を取ったほうがいいよ!」とお勧めしている。
なぜなのか?前回は、人生には「車が運転できたらなあ」と思うことがいっぱいある、ということを説明した。
免許を取るにはまとまった時間が必要だ!ということ。

普通免許を取るには?

日本で自動車の普通免許を取るには、大きく分けて3つの方法がある。

 

  1. 公安委員会が公認した指定自動車教習所に通って運転技術や交通ルールを学ぶ ➡ 技能試験を受けて卒業。➡ 運転免許試験場で学科試験に合格 ➡ 免許交付

 

  1. 自動車教習所に通わず自分で勉強する ➡ 運転免許試験場で技能試験、学科試験に合格 ➡ 免許交付

 

2番の方法は、よっぽど自動車が好きとか、自動車関連の仕事をする家の出身だとか、特別の事情がある場合だ。全体の95%が、1番の方法、つまり自動車教習所に通って免許を取得している。

自動車教習所に通うメリットは、「運転免許を取得するための、最も効率の良いカリキュラムが組まれている」ということだ。

自動車の知識が全くなくても、ふつうに勉強すれば、免許が取れるようになっている。

普通免許を取得するには、どれくらい時間がかかる?

自動車教習所のカリキュラムは全国どこでも共通で、

 学科教習課程26時限

 技能教習 34時限

となっている。

学科教習は、1日何時間受けてもOK、ただし、教習所のカリキュラムは決まっているからそれに合わせないといけない。

問題は技能教習、1段階は1日2時限、2段階でも3時限に限られている。しかも2段階では3時間連続で受けることはできない。

教習は第1段階と第2段階に分かれている。学科も技能もそれぞれの段階で試験があり、合格しないと次に進めない。

このカリキュラムを全部クリアするまでに、順調にいっても通学では最低でも2か月、ふつうは3か月はかかる。合宿免許でも2~3週間かかる。

運転免許教習所での流れを図にしておこう

Menkyo-Step

なぜそんなに日本の免許制度は厳しいのか?

日本の運転免許は、時間もお金もかかる。最低でも学科と技能で60時間。構内の実技試験と、公道での実技試験、100問にも及ぶ学科試験もある。

しかし海外では、運転免許の取得はもっと簡単だ。

アメリカでは15時間の実地講習でOK、試験も簡単なので独学で試験を受けてパスする人もたくさんいる。

なかには、技能試験なし、ペーパーテストだけで免許を取得できる国もある。

 

日本は世界で最も免許取得が厳しい国の一つだと言われている。お金も最低でも30万円くらいはかかる。

「もっと簡単にすればいいのに」と思うかもしれないが、こんなデータもある。

人口10万人当たりの交通事故死者数 2010年 世界保健機関(WHO) 抜粋

03-Data

世界183か国を平均した10万人当たりの交通事故死者数は16.0人。日本はその3分の一以下の5.3人。

日本は自動車保有台数では、アメリカ、中国に次いで第3位だが、国土が狭いので「自動車密度」では主要国中世界一だ。人と自動車がひしめきあって生活しているのだ。

なのに、交通事故死者数は、世界最低ランク。

 

それは運転免許を取得する人の「知識」「技能」が飛びぬけて高いからだ。厳しい運転免許の取得制度は、日本の交通安全のために必要なのだ。

また、日本の運転免許は厳しいだけに、それをクリアすると社会的な信用につながる。

高校生の皆さんにはピンと来ないだろうが、これもすごく大事なことなのだ。

大人が「まとまった時間」を取るのはすごく難しい

日本の運転免許制度が、時間とお金がかかる理由がおわかりいただけただろうか?

高校生のみなさんに、18歳になったら、すぐに免許を取ってほしいのは、免許を取得することができるような「まとまった時間」をとるのは、社会人になってからではとても難しいからだ。

会社に勤めながら、バイトをしながら、自動車教習所に通うのはすごく大変だ。

働いて疲れた体では、知識も技能も頭に入らない。

 

それに大人になって、頭が固くなり、運動神経も鈍くなると、学科や技能試験になかなかパスできない。

よく「30歳を過ぎると自動車免許取得費用は年齢×1万円だ」と言われる。

30歳なら30万円で済むところが40歳なら40万円、50歳なら50万円。途中で断念する人だっているのだ。

今、運転免許は24歳までに80%の人が取得すると言われている。

就職を考えているなら18歳になったら免許を取ったほうがいい。就職したら時間が取れないから、絶対に後悔する。

大学進学を考えている人も、受験が終わったら合宿免許などで免許を取るべきだ。大学では、運転免許を活かしてバイトをしたり、レジャーをしたりして、「運転経験」をつむべきだ。

 

大人になるというのは「まとまった時間が取れない」ことなのだ。

このことも覚えておいてほしい。

 

 

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ