運転免許は「交通社会人」になるためのチケットだ! 

みんな、運転免許とろう!

2016/11/13

茨城けんなん自動車学校 指導員に聞く その2

茨城県土浦市の茨城けんなん自動車学校は、1962年創業、広い校地と、充実したカリキュラムで実績を上げてきた。
ここでは、実際に教習を担当する指導員に「茨城けんなん自動車学校のセールスポイント」を語っていただくとともに、「どんな気持ちで教習をしているのか」「なぜ、運転免許指導員になったのか」を話していただく。
茨城けんなん自動車学校 指導員 木村真士さんのお話、2回目。

運転免許を取るのは「義務」ではなく「権利

茨城けんなん自動車学校 指導員 木村真士さん

運転免許を取るのは「義務」ではなく「権利」です。

自動車を運転するためにはどうしても知っておかなければならない知識や技量を学ぶのは「権利」です。

日ごろ自動車を運転していて、交通法規などの法律を知らなかったらどうなるのか、ということです。

自動車学校では運転するうえでは知らないといけない「活きている知識」を学ぶことができるんです。

運転免許を取る目的は?

それに、自動車学校では、免許を取ることの意味や責任も学びます。

二輪の死亡事故は、スピードオーバーが事故原因の1位です。自分の技量を超えたスピードを出すと、死ととなりあわせということも学ばなければなりません。

運転免許を取る目的は、すごい運転ができるようになることではなく、安全運転ができることです。スピードが出したいのならサーキットに行ってくれ、ということですね。

だから、私は失敗しても叱りませんし、うまくいってもほめません。そういうことが目的ではないからです。

運転免許を取得するのは「交通社会人」になること

指導員としての私のモットーは「親切、丁寧」生徒さんに自然に合わせる指導を心掛けています。

どの生徒さんにも平等に接します。

卒業検定で落ちて、落ち込んでいる方にはなぜ落ちたのかを説明します。もしこのまま受かって、路上で事故を起こすことを考えたら、つまづいてよかったんだと言います。

実際に、最短で運転免許を取るような人は、かえって怖いんです。

運転免許を取得するのは「交通社会人」になることなんですね。運転免許は「交通社会」に入るための入場券、チケットです。

高校生、大学生は学校を卒業すれば「社会人」になりますが、それと同じことです。

 

おじさんが示してくれた指導員の道

私は今、36歳です。自動車学校の指導員になって11年になります。

母が運転している自動車の助手席に乗っていたときに、一時停止をしていない、とか、ふらふら運転しているのを見とがめていろいろ注意したら、

「そんなにいうのなら、教習所の指導員になって教えれば」と言われたんです。

母は、そのとき、

「お前のおじさんは、お前の1歳の誕生日に、交通事故で死んだんだよ」と教えてくれたんです。

その日、私の叔父は家を出たままなかなか帰ってきませんでした。歩いていて、居眠り運転のトラックに巻き込まれて死んだんです。

変わり果てた姿で戻ってきたのですが、その手には私の1歳の誕生祝のようなものを持っていたそうです。叔父の奥さんである叔母や子供である私のいとこも悲しんで、うちの家にとっても本当につらい思い出になりました。

母は、

「おじさんがお前に道を示してくれたんじゃないか。これ以上悲しい人をださないためにも、指導員になったら」

と言いました。

初心忘るべからず、で、その時のことを常に胸に抱いています。

自動車学校の指導員は、私にとっては天職なのでしょう。

高校生の皆さんにも「交通社会人」になるために正しい知識と技術を持っていただくために、これからも努力します。

IMG_4642

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

春の始まり、3月は、和、洋のスイーツにまつわることば。
ジェリービーンズは、アメリカ文化を象徴するスイーツ。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ