冬の長さをハンデにしない

みてみて!うちの部活!

2016/06/27

岩手県立不来方(こずかた)高等学校 カヌー部 その2

平成27年度(2015年度)全国高校総体(インターハイ)で4冠(ペア2種目、フォア2種目)・女子総合優勝、第70回国民体育大会優勝(ペア)を成し遂げたカヌー部。男子も国体のカヤックシングル200mで2位。地元の矢巾町を挙げての応援を受け、岩手県に元気の出る明るいニュースをもたらした部活に会いに行った。2016年3月取材。

強いカヌー部に入部して 自分も強くなりたかった

誰よりも練習、練習。たくましい、頼もしいリーダー。

部長・キャプテン 下屋敷泰成さん(3年)

1年のうち半分はカヌーに乗れないので、多目的ホールでエルゴマシーンを舟に見立てて練習しています。昨年のインターハイが終わった9月頃に先輩から引き継いだのですが、男女の部員を一緒にたばねるのはたいへんです。新2年生が男子6名、女子2名、新3年生は男子4名、女子6名の選手とマネジャーで活動しています。

中学校にはカヌー部がないので、高校に入ってはじめて始める生徒ばかりの競技なので、ぼくも入学したときはカヌー部をよく知らなかったのですが、全国でも強豪校なのを知り、自分でも強い仲間と一緒に頑張りたくて入部しました。岩手県ではこの学校でしかできない部であり、頑張れば全国大会にでられるのは魅力です。ぼくのインターハイでの戦績はカナディアンペア500m7位でしたので、今年は3位以内、できれば優勝を狙いたいです

10分、20分、30分、黙々と漕ぎ続ける。

ふだんから身体が自然に 動くようにくりかえし練習

中前いつきさんは、インターハイで優勝したチームの一員である。東日本大震災では自宅が流された。

中前(ちゅうまえ)いつきさん(3年)

卒業した先輩とチームを組んでインターハイで戦うことができ、総合優勝を獲得したことは私にとってビッグな出来事でした。日本カヌースプリントジュニア選手権でも文部大臣杯をいただき、先輩たちの足をひっぱらないようにテクニックを磨けてよかったです。高校に入って初めてカヌーに出会い、強い部活に入って自分も強くなろうと思いました。強い人が多い部なので、きびしい部なのだろうと思いましたが、入部してみるとピリピリしたところがなく、たのしい部なのでつい流されてしまいますが、強くなるためにはたのしさばかりでなく、きびしいことも必要だと思っています。カヌーを速く進めるためには身体の細かな動きが関係するので、体が自然に動くようにできる練習をしています。冬は漕艇場のある御所湖はクローズしているので、昨日はバスで福島の練習場で久しぶりでカヌーをこぎましたが、感触がうまくつかめなくて、へたになっていました。春がきて本格的に練習できる日が楽しみです。

カヌーの定位置をイメージしつつひたすら漕ぐ訓練だ

不来方高校だより

Crick

 この記事の感想をコメント欄にぜひお寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ