がんばれがんばれ かすこおぅぅ!(動画あり)

みてみて!うちの部活!

2016/07/04

春日部高校 応援指導部 その5

全国大会で活躍することを目標とする生徒も、地区大会で一勝することを目標とする生徒も同じ環境でお互いに切磋琢磨できるのが春高の部活動。そしてそれを応援するのが応援指導部。山田団長に話を聞いた。

--応援指導部に入ろうとしたきっかけは?

山田 入学してすぐに応援指導部の先輩たちから校歌・応援歌を教えてもらう、ということがありまして、先輩たちに魅かれて興味を持ち、入部しました。入学する前にも、学校説明会で受験生の前で応援指導部の人たちが校歌を振ってくれるということがありまして、印象に残りました。団長になったのは6月の文化祭後にある執行部交代からで、もう10ヶ月くらいになります。(取材時は4月)

--創部から半世紀以上の歴史を持つ応援指導部の伝統と誇りを背負う団長の責任感は?

山田 自分のやっている行動のすべてが、部の全体の顔だと思って、常に緊張感を持ってやっています。

--心がけていることは?

山田 部則として「規律・機敏・団結」という3つがありまして、まずこれを心がけています。特に三つ目の「団結」というのは応援指導部として一番大事なことだと思っています。この団結がなく部がバラバラの状態だと、集団としてまとまりがなくなってしまうので、「団結」を重要視しています。この合宿では、辛い時でも諦めずに、という精神的なところも鍛えられたと思います。

--春日部高校に来たいと決めたのは?

山田 中学三年の6月に文化祭に来て、やっぱり圧倒されて、他校は考えずここに決めました。現在、部員は新三年が二人、新二年が4人なので、部員の増加は大きな目標です。これから新入生勧誘が始まるので重要です。

県下でも有数の進学校。入部した時、ご両親に「大変だろうけれど、勉強と両立させなさい」と言われた。練習のある日は、活動時間は放課後4時くらいから帰りは8時近く。大声を出したり体力を使うため、帰っても疲れてそんなに長くは勉強ができない悩みがある。しかし電車の中や単語帳をうまく利用するなど、工夫をしている。

春高生にとって「文武両道」は目指すものではなく、日常そのものである。全国大会で活躍することを目標とする生徒も、地区大会で一勝することを目標とする生徒も同じ環境でお互いに切磋琢磨できるのが春高の部活動だと言えるHPより。応援指導部は、それらすべての部活を応援するもの。自分よりも他の人の活躍を応援し、結果が出ると我が事のように喜び合える。

ちなみに応援指導部は運動部の範疇に入る。

「春日部高校応援指導部、団長山田です。新高校1年生の皆さん!春日部高校応援指導部は、春校の生徒たちの前に立って、春校生をリードしていく存在です。皆さんも春日部高校応援指導部で、熱い三年間を過ごそう!」

コンパスナビTVでも春日部高校応援指導部を紹介

 

Crick

埼玉県立春日部高等学校 応援指導部

埼玉県春日部市粕壁5539
TEL 048-752-3141

感想をお寄せください

 ↓   

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ