表現したい!おもしろそう!テストの過去問がもらえる!・・・動機は様々、でもほとんどが未経験者。群馬高専演劇部 劇団 蕣(あさがお)その2

みてみて!うちの部活!

2016/08/30

群馬高専 演劇部 劇団 蕣(あさがお) その2

群馬高専の演劇部は、学生の自主性に任されている。また「高専」は通常の高校の区割りとも外れてしまうため、高専同士独自の活動をするなど、やはり全日制や定時制などの「高校」とは部活全体の活動が異なる。だから、そこで活動する学生たち一人ひとりはとても個性的なのだ。

活動は学生の自主性を尊重し、顧問はそれを見守る

高校の部活であれば、同地区や同県内、さらには他県の高校と大会で競ったり、交流したりというのがごく普通の姿だ。
しかしながら高専は、いわゆる“高校”ではなく、やや特殊な位置づけにある。一般的な高校が集う演劇の大会には参加できないし、そもそも高専自体が群馬県内には一校しかないため、交流もままならない難しさがある。
例年8月に行われる地区文化発表会には関東信越地区のさまざまな高専が参加し、交流のよい機会にもなるのだが、今年は事情により中止になってしまった。
こういった背景から、劇団「蕣(あさがお)」では自分たちで企画し、公演するというスタイルが定着していった。演技指導してくれる人がいるわけではなく、先輩から後輩に伝えられていることや、自分たちの経験をベースに独学している。
「部活というより大学のサークルに近いイメージ」と部員たちも評する。顧問は機械工学科教授の金子忠夫先生が務めているが、自身演劇の経験があるわけではなく、やはり大学のサークル顧問と同様の立場で、学生の自主性を尊重し活動を見守っている印象だ。

役者として表現をしたいという想い

劇団に入ったきっかけは、もちろんそれぞれ。3年の林美月さんは役者希望で入部し、実際にずっと役者を務めてきた。
ただし今回の夏季公演では、演出の立場に回った。
「1年生をできるだけ役者として出演させたいという目的があったのと、前回の公演が私の一人舞台だったのでその経験を活かすため、演出を務めることになりました」
時間がない中、6月の1カ月で見事に監督の役割として作品をまとめ上げた。しかし本当は、あくまで役者として出続けたいのだという。
この公演で犯人役を務めた1年の関口賢太くんも「最初から演劇をやりたくて入りました。できれば表に立って演技をしたいです」と、役者に寄せる想いが強い。
2年の都丸愛理さんは、入学前に工華祭(文化祭)で演劇を見たときから劇団に入ってみたかった。同じく2年の小屋夏南(こやななみ)さんも中学の文化祭で役者を務めたことがあり、新体操部に所属していたことから表現することに興味があったので、やはり高専に入ったら演劇をやってみたかったという。

演劇をやりたくて入部したと語る関口賢太くん(1年)

新体操部に入っていたこともあり演技に興味があったと語る小屋夏南さん(2年)

春の公演で一人舞台を演じる林美月さん(3年)(群馬高専劇団あさがおのHPより)

部活動見学や公演で引き込まれた人も

誘われて面白そうだったので入部したと言う、部長の島田健太郎くん(3年)

一方、部長の島田健太郎くん(3年)は、入部前にそれほど強い想いがあったわけではないという。
「最初はとくに部活に入ろうとは決めていなかったですね。誘われて、おもしろそうだなと思ったので入りました」
雰囲気はとても柔らかく、現在は部長としてこの部活全体をまとめている。
島田くんのように「誘われて、おもしろそうだなと思った」派や、部活動を見学しているうちにおもしろさや雰囲気の良さを予感して入部した生徒は多い。
1年の岡崎寛くんは「部活動見学で劇の練習を見ていたら、その世界に引き込まれていくような感じがして、この部活いいなと思って入りました」という。2年の宮前美紅さんは新入生歓迎公演を見て「気になった」のがきっかけだった。
そのほか、中学からの友達が入部したので付き合いで入ったとか、「同じ学科の先輩に演劇部が多かったので、入れば(テストの)過去問題がもらえるかなと思った」(2年・戸矢柾(まさき)くん)などなど、経緯や動機はさまざまだ。3年の室井隆成くんのように、役者ではなく、音響をはじめとする裏方を務めたいという希望で入部した人もいる。
ひとつだけ共通しているのは、中学校までに演劇を経験している生徒がほとんどいないこと。野球、卓球、バレーボール、新体操、美術……と、中学時代の部活はバラエティーに富んでいる。
入部の経緯も動機も異なる彼ら彼女らが、群馬高専に入り、この劇団に参加することで、演劇という新たな世界の魅力に引き込まれている。

劇の練習を見ていたら、その世界に引き込まれていく感じがしたので入りました、と語る岡崎寛くん(1年)

先輩がいたので、過去問題をもらえるかもと思って入部したと語る戸矢柾くん(左 2年)と新入生歓迎公演を見て気になって入部した宮前美紅さん(2年)

その3」はこちらから。

群馬工業高等専門学校

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

春の始まり、3月は、和、洋のスイーツにまつわることば。
「ポッキー」はグリコの菓子の商品名だが、今は一つの菓子のジャンルと言ってよいほど愛好されている。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ