新しい演劇部の歴史が、今、生まれようとしている #東海大学付属仰星中学 #演劇部

みてみて!うちの部活!

2016/12/26

東海大学付属仰星中学 演劇部 その1

東海大仰星中学、高校演劇部の顧問、阪本龍夫先生は、40年以上にわたって高校演劇界で数々の実績を残してきた指導者だ。受賞歴多数。数々の脚本もものにしてきた。また、教え子には女優の黒木華さんなどもいる。

阪本先生が、東海大仰星中学、高校に着任したのは昨年。前任校を定年退職した阪本先生を学校が招聘し、演劇部の指導を依頼したのだ。

 

一からのスタート

「私が来たときには部員はいませんでした。今年ようやく中学生が2人入ってきて、始めることができました。機材もゼロでしたから、一からのスタートでした。

でも、6月の第135回大阪府中学生演劇祭には、3週間で準備をして出場して、「その先へ~跳べ!」で優良賞を受賞しました。

今は、今週末(11月20日)の第136回中学生演劇祭へ向けて、練習をしているところです。

前の学校のようにはいきませんが、できるだけのことをして、全国大会を目指そうと言っています。

東海大仰星高校は、クラブ活動が活発で、体が大きい生徒が多いですが、さすがにしつけができているという印象です。

これから、演劇部も負けずに盛んにしていきますよ」

 

阪本龍夫先生

台本を前に、二人の部員が、読み合わせをしている。

 

2人だからこそ言いたいことが言える

塩見友唯さんは3年生。

「やったことはなかったのですが、小さいころからお芝居に興味がありました。中一の時は吹奏楽部にいましたが、友達に演劇が好きな子がいて、3年になったときに”入らない?”と言われて入ることにしました。でもその子は入らなかったので、中一の子を誘って2人にしました。

たった2人だけど、2人だからこそ言いたいことが言えるし、阪本先生の指導も受けることができます。

今度の演劇祭も2人で25分の舞台をやります。

これから部員が増えれば、充実した部になると思います。将来は演劇の勉強をしたいと思います」

塩見友唯さん

いろいろな演劇に挑戦したい

廣瀬弥子さんは1年生。

「小学校3年の時から、演劇サークルに入っていました。中学に入って先輩に誘われて演劇部に入りました。

6月の公演は2人で演じ切りました。友人からは”2人でやるの、すごいなあ”と言われました。

新入部員が入って、もっといろいろな演劇に挑戦したいと思います」

廣瀬弥子さん

gyousei

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

春の始まり、3月は、和、洋のスイーツにまつわることば。
「ポッキー」はグリコの菓子の商品名だが、今は一つの菓子のジャンルと言ってよいほど愛好されている。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ