1次産業を6次産業にしていく #大阪府立農芸高校 #知財開発研究同好会

みてみて!うちの部活!

2017/01/09

大阪府立農芸高校 知財開発研究同好会 その3

大阪府立農芸高校は、2010年に、独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)より「知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業」の研究指定を受け、2014年には展開型校として採択されている。
日々の教育活動の中で、知的財産を踏まえたものづくりや商品開発等の場を通じて、創造性や実践的な能力を育む取り組みを進めているのだ。

他県の高校のクラブとも連携

知財開発研究同好会は、他県の高校のクラブとも連携して成果を出している。

例えば、兵庫県立西脇工業高校と連携して綿花の種と綿を簡単に分離することができる機械を開発。これは、知財開発研究同好会がアイディアを出して、西脇工業高校が開発したものだ。

そうした学校の枠を超えた連携もこの同好会の特色だ。

日々の取り組みをしっかりやることが大事

顧問の烏谷直宏先生は語る。

「大事なことは、日々の取り組みをしっかりやることですね。

知財のモノ作りは、1次産業をたずさえるなかで、命題を見出し、デザインやブランド化などをして、6次産業として事業化することです。その過程で、一次産業の現場から、魅力ある農業を発信しなければなりません。やはりアイディア、発想が大切ですね。

西脇工業高校との連携もそうですが、自分たちが持っているものに、あとちょっと足りないものを足していくような取り組みも大事です。

高校の枠を超えて、いろんなバトンをつないで、情報発信していきたいですね」

 

 

顧問の烏谷直宏先生

Titele

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ