広島カープの街になった宮崎、日南市

みてみて!うちの部活!

2017/02/14

プロ野球キャンプとは何か その2

宮崎県には、広島東洋カープもキャンプを張っている。
2016年のセ・リーグ優勝を受けて、宮崎県日南市は盛り上がっている。

小さく、コンパクトな施設

巨人などに比べると、広島のキャンプは小さく、設備も古い。

巨人がグランドだけで3面、ブルペンも2つあるのに対し、広島がキャンプを張る日南市の天福球場は、小さなサブグランドが一つあるだけ。ブルペンも一つ。

球場自身も老朽化している。

大きく見劣りがするが、地元の応援は、巨人にも負けない熱心さだ。

なお二軍は同じ日南市の東光寺球場を使用している。

 

日南はカープの第二の故郷

町中に広島カープを応援するポスターやのぼり、横断幕が貼られている。

市役所の職員やお店の人の多くは、赤いユニフォームを着て仕事をしている。まるで広島にいるのかと錯覚してしまう。

天福球場の前を流れる川沿いには、季節外れの小さなこいのぼりが大量に泳いでいる。

町を挙げての大歓迎であることがわかる。

施設は小さいが、その分、移動は簡単だし、効率的な練習ができる。悪い話ではない。

ファンの数が急増、注目度アップ

球団関係者に話を聞くと、見物客の数も急増している。

午後になると、球場の外にサインを求めるファンが長い列を作る。

キャンプ地の前にある屋台の売り上げも好調だそうだ。

それ以上に増えているのが、報道陣の数。テレビのインタビューも増えて、広報スタッフは対応に追われている。

 

施設面を考えれば、球団としては移転することもあり得るのだが、これだけ熱心なファンがいる日南市を離れることはなかなかできない。

第二の故郷になっていると言ってよい。

広島は21日まで日南市でキャンプを張ったのち、沖縄県コザ市に移動する。こういう形で2か所でキャンプを張る球団が増えてきている。

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ