センバツ出場校の生徒が国歌独唱したことが、かつてあっただろうか? 岩手県立不来方高校あらかると 岩手県立不来方高校 野球部 音楽部 カヌー部

みてみて!うちの部活!

2017/03/02

岩手県立不来方高校 野球部 音楽部 カヌー部

21世紀枠で初出場のニュースで初々しい喜びに包まれた同校。
そこに第89回選抜高校野球の開会式で国歌を独唱するのは、岩手県立不来方(こずかた)高校 芸術学系音楽コース3年の竹内菜緒さん!とのニュースが加わった。
出場校の生徒が独唱したことが、かつてあっただろうか?
さらに部活顧問が顕彰された話題や、音楽部のエールの思いの満ちた歌声をお届けしよう。 (写真は平藤淳校長 2017年3月2日)

野球と国歌独唱 一緒に初出場!

「不来方のお城の草に寝ころびて / 空に吸はれし / 十五のこころ」石川啄木の短歌に歌われた。「こずかた」と読む。

センバツの開会式で国歌を独唱するのは、全日本学生音楽コンクール全国大会にて、声楽部門高校の部で一位になった高校生なのである。

21世紀枠で甲子園初出場でも湧いた岩手県立不来方高校野球部であるが、そこにくわえて、開会式独唱の生徒が、不来方高校 芸術学系音楽コース3年 音楽部に所属する竹内菜緒さんに決まったのだ。

以下、毎日新聞から紹介する。

「19日に開幕する第89回選抜高校野球大会の開会式で国歌を独唱することになった岩手・不来方(こずかた)高校3年の竹内菜緒さん(18)。同校野球部は21世紀枠で甲子園初出場を決めており、「奇跡的で、不来方の名を全国に広めるチャンス」と喜んだ。

竹内さんは盛岡市出身。中学生の時は吹奏楽に励んでいたが、声楽にも興味があり、同校芸術学系音楽コースに進学。昨年12月の全日本学生音楽コンクール全国大会で、声楽部門高校の部1位に輝いた。所属する音楽部も、2年連続で合唱日本一に。4月からは音楽大学に進学する。

同校はハンドボール部なども強豪。竹内さんは「他の部が朝早くから頑張っている姿に、良い刺激を受けてきた」と振り返る。特に野球部の選手は、冬場に校内や通学路の雪かきなど部活以外の活動も一生懸命だったのが印象に残る。「野球部といっしょの初出場。お互いにベストを尽くしたい」とエールを送る。
「歌は自由で気持ちがいい。聴衆を前にすると、表現したい感情がわき出てくる」と笑顔を見せる竹内さん。「高校野球の熱いプレーを毎回テレビで楽しみに見ています。その幕開けにふさわしい式にしたい」と決意している」。

http://mainichi.jp/articles/20170302/k00/00m/040/061000c#csidx0ae0588ffafdc58a1d0014e312c45d3
Copyright 毎日新聞 2017年3月2日

 

野球部の壮行を願う 学校の所在地 岩手県矢巾町の広報誌「広報やはば」3月号表紙

指導者も耀いている学校

教諭・カヌー部顧問の 小野幸一先生が 平成28年度文部科学大臣優秀教員表彰の受賞者となることが決定

岩手県立不来方(こずかた)高校 教諭・カヌー部顧問の小野幸一先生が、平成28年度文部科学大臣優秀教員表彰の受賞者となることが文部科学省から発表されました。

この表彰は
■学校教育における教育実践に顕著な成果をあげた
■教職経験10年以上、原則50歳未満の教員を対象に
行われるもので

岩手県教育委員会が
■部活動(カヌー)の指導による生徒の育成における顕著な成果
を理由として文部科学省に推薦し受賞者に選定されたもので、表彰式は3月6日(月)に東京都の東京大学安田講堂で行われる。

小野先生、おめでとうございます。

ちなみに、最近の不来方高校では平成25年度にハンドボール部顧問の内記徹先生と音楽部顧問の村松玲子先生が受賞している。

【男子ハンドボール部】 平成24年度第36回全国高等学校ハンドボール選抜大会優勝 【音楽部】全日本合唱コンクール 文部科学大臣賞受賞 全国大会8年連続金賞受賞

竹内菜緒さんが所属する音楽部の歌声 野球部にエールよ、届け!

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ