農芸高校の軽音は”実力派” #大阪府立農芸高校 #音楽部

注目! 素敵な人、すごい部活!

2017/03/25

大阪府立農芸高校 音楽部 その1

大阪府立農芸高校は、「みのりホール」という小ぶりだが立派なホールを持っている。創立90周年を記念して造られたホールだ。企画設計を担当した先生が顧問を務める音楽部が、ここで練習をしている。
農芸高校の音楽部は、1969年の創部以来、「スニーカーエイジ」や「高校生バンドフェスティバル」などで何度も入賞を重ねてきた。
部員数は24人と多くないが、実力派の軽音学系クラブなのだ。2016年11月取材。

いい音楽を作るためには体力も必要

部員をパワフルにまとめているのが部長の松本優希さんだ。3年生。

「資源動物科でニワトリの飼育を担当しています。パートはドラムです。

中学の頃は吹奏楽部に入っていました。音楽を続けたくて音楽部に入りました。他の高校の軽音楽部に比べると人数は少ないですが、実力はあります。みんな仲良くて、楽しいクラブです。

うちは体育会系文化部です。

朝練ではグランドを走っていますし、筋力づくりもしています。いい音楽を作るためには体力も必要です。練習は週7回、月1日だけ休みです。全国高等学校軽音フェスティバルには、小編成部門で出場しました。

就職が決まっていますが、社会人になっても音楽を続けたいです」

部長の松本優希さん

ピックの当て方にこだわりを持っている

ギターの長池拓海君も3年生だ

「資源動物科総合環境部でカモやアヒルを飼育しています。

入学して最初のライブで演奏する先輩にあこがれました。

入ったときは知っている人がいませんでした。結構人見知りするタイプなんですが、音楽を通じてすぐにみんなと仲良くなれました。

僕はピックの当て方にこだわりを持っています。変えて音を変化させるのを意識しています。大会に出た時は緊張しましたが、4人一緒だったので何とか演奏できました。

農業大学に進んで将来は農業をやりたいと思います。音楽は、農業と並行して続けたいです」

長池拓海君

KOKOチャレンジアワード決勝大会15 総合グランプリ賞受賞

Titele

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ