東京都立本所工業高校定時制課程 少人数教育の、夜間4年間の学びで 国家資格を取得できる

みてみて!うちの部活!

2017/09/27

東京都立本所工業高校  定時制課程:総合技術科

東京都立本所工業高校は、平成27年12月には「創立80周年記念式典」が行われた歴史の長い学校だ。そして定時制のみの工業高校だ。平成18年度に本所工業高校全日制と水元高校を発展的に統合して、都立葛飾総合高等学校が誕生した。しかし、統合されなかった定時制課程は、もとと変わらずに同じ敷地にある。

即戦力となる専門技術の基本をマスターできる学校

本所工業高校定時制は、同じ敷地内にある都立葛飾総合高等学校の小山公央校長が校長を兼務している。早速、話をきいてみよう。

「本所工業高校は、総合技術科の工業高校ですから、1年時は共通科目を履修し、2年時からは「機械類型」「電気類型」「電子類型」を選択することになります。各科目ごとにインターンシップなどの就業体験を含めて、基本的な技術を身につけることができる強みがあります。

就職の際には一から教えなくても基礎ができているので心強いという企業の信頼を得ており、真面目に働く先輩のおかげで後輩にも求人がくるのはうれしいことです。

生徒は、昼間は働いて夜に勉強する訳ですから、時間的には厳しいのですが、現在全校生徒46名が、支えあって勉強しています。先生方は、小さな学校で「面倒見の良い学校」をモットーに指導しています。

1時間目の始まりは午後5時50分、45分授業で午後9時5分の4時間目までで、放課後は部活で文科系、運動系の部活動を10時まで仲間と楽しめます。

また、予約制ですが、希望者には授業が始まる前にバランスのとれた給食が用意されています。

生徒が自ら学び、考え、主体的に判断する力を養っていける指導を心がけています。毎日の授業のなかで、自分の良さを発見することができ、自信をもって羽ばたいていくことができます。卒業のときには専門技術を身につけて就職や進学ができるようにサポートをしています。生徒たちには国家資格を持つことが就職に有利になるので、「電気工事士第二種」を取得することをすすめています」。

葛飾区は町工場、大企業を支える部品工場、玩具、アパレル、伝統工芸に強い様々な企業があり、地域との連携も盛んだそうだ。地域企業がバックアップする催しもあり、地域に愛される工業高校として成長しつづけている。

学校データ

東京都立本所工業高等学校定時制課程

東京都葛飾区南水元4-21-1

TEL:03-3607-4500

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ