2つの高校が統合して8年目の超ユニークな学校   尼崎市立尼崎双星高等学校

注目! 素敵な人、すごい部活!

2018/12/29

のびしろのいちばんある高校時代 能力を最大限引き出す仕組みがあります

新規に開校して今年で8年。尼崎双星高等学校の名前の「双星」とは尼崎東高等学校と尼崎産業高等学校の2つの学校が発展的に統合してできたことを意味している。
校章は「双」という文字を中心にそれが星の形をしている。双方の学校のいいところを教育に生かし、生徒を輝かせてくれる星の形になっています。前回のNO1では「情報技術部」の「ロボカップジュニアジャパンオープン2018」の活動を中心に紹介したが、今回は学校の学科別に、いったいどんな教育をしているかを教えていただいた。

未来をつなぐ 未来へつながる

2011年(平成23年) – 尼崎市立尼崎産業高等学校と尼崎市立尼崎東高等学校とが合併して開校。

全日制課程
●普通科
[音楽類型(特色選抜で募集)]
[国際コミュニケーション類型]
[人文社会類型]
[自然科学類型]
●商業学科
●ものづくり機械科
●電気情報科

三学期制 男女共学

 

 

「普通科」と商業・工業の「専門学科」を  あわせもつ全国的にもユニークな高校

教頭 小林義和先生、情報技術部顧問 藤井晴基先生からいろんなお話を伺った

中学校を卒業すると、「将来の自分の進む道」を考えて高校の進路選択をすることになります。将来の自分の姿を思い描くことはまだ難しいと思う人もいると思いますが、一般的には、確かな学力を付けて希望の大学への進路を希望する生徒は「普通科」、専門性を生かした技術を身につけ就職に備える「商業科」や「工業科」などの「専門科」を選ぶことになるのでしょう。近年はグローバル化、多様化が進み、社会のニーズも変化していることもあり、高校は進学、就職のためだけを考えるのではなくなっているかもしれませんが、進路決定にあたっては実際に学校訪問をして学校を選ぶことが必須でしょう。

尼崎双星高校がユニークなのは、普通科、商業学科、ものづくり機械科、電気情報科と4学部を備えていることです。

普通科では音楽・国語コミュニケーション・人文社会・自然科学の各類型を備え、商業・工業の専門学科を合わせもつ、全国的にも珍しい高等学校です。ですから、同じ学校内でそれぞれの専門分野を活かした勉強する仲間がいて、その専門分野を越えたつながりができるという大きな特徴があります。

 

● 各学科の特徴

①普通科 200名(5クラス)

音楽、国際コミュニケーション、自然科学,人文社会などの進路別に細かなカリキュラムが用意されています。音楽系ではレッスン室や多目的ホールなどの恵まれた環境が用意されています。国際コミュニケーションでは特別時間割で英語を充実させています、大学との連携授業や行事は全員参加です。

 

②商業学科 80名(2クラス)

ビジネス社会を生き抜くために多くの資格に合格して就職、進学を有利にできます。

取得資格は、簿記実務検定、会計実務検定、情報処理検定、珠算・電卓実務検定、ビジネス文書実務検定、秘書検定,英語検定,商業経済検定など、9冠を獲得した生徒もいます。進学希望者は、商業科推薦などを利用して難関大学へも進学し、就職希望者は資格を活かして希望職種へ就くことができます。

 

③ものづくり機械科 40名(1クラス)

産業技術の基礎から応用・発展へ向けて、深い技術を学ぶことができます。機械工作、機械設計、機械製図、原動機、情報技術の基礎から、5軸MC(マシニングセンタ)、3DCADなど先端技術が学べます。取得資格は機械製図検定、トレース検定、CAD検定、ガス溶接、アーク溶接、溶接技術者評価試験、危険物取扱社、パソコン利用検定など。

 

④電気情報科 40名(1クラス)

電気・電子・情報・通信のスペシャリストに。電気や情報に関する各種国家資格を取得するための補習授業などのサポート体制が充実。国家資格の認定校のため、卒業後資格試験が免除。取得資格としては第三種電気主任技術者、第一種・第二種電気工事士、消防設備士甲種第4類、特殊無線技士、電気通信の工事担当者DD第三種・AI第三種、第一級陸上・第二級海上特殊無線技士、危険物取扱者、情報処理技術者などがあります。

さまざまな部活が大活躍中です。

「生徒には生きる力を身につけ、明確な目的意識を持って日々の学校生活に取り組んでほしいと願っていますが、それをいうまでもなく、運動部も文化部も活躍中です。次にあげた部活の成果をみても青春を謳歌していることがわかるでしょう。本校生徒には誇りをもっています」と学校長。

運動部では、4人制ミックスビーチバレー全国出場(女子バレー部)、阪神総体団体準優勝(女子テニス部)、夏の甲子園予選ベスト8(野球部)はじめ、ソフトボール部,男子バスケットボール部,陸上競技部など活躍を続けている。

文化部では、サッカーロボット世界大会出場(情報技術部)、兵庫県溶接技術コンクール優勝(溶接部)、全商英語スピーチコンテスと全国2位(English Club)、関西吹奏楽コンクール銀賞・関西マーチングコンテスト銀賞(吹奏楽部)、全国高校将棋選手権個人優勝・団体出場(囲碁将棋部)、書道パフォーマンス甲子園(書道部)等などなど枚挙がありません。

中でも溶接技術コンクールは一般の大人の方に混じって高校生が優勝の快挙。

また近年、書道部の書道パフォーマンスは有名で、尼崎市の魅力を引き出すお手伝いをしているようです。(作品がラッピングに)

 

大変広い校内では、いろんな部活が活躍している。取材時に見ることができた部活の写真だ。

これもすごい、「情報通信エンジニア」取得者数が、今年も全国の学校の中で第1位に!

電気情報科は「情報通信エンジニア」という資格に挑戦し、取得者数が、本年も全国の学校の中で第1位になりました。
取得率は、97.4%(3年生)です。

https://www.dekyo.or.jp/engineer/contents/ranking.html

尼崎双星高校は伸びやかな未来を感じさせる学校

尼崎双星高校からは、甲山・六甲山を望むことができる。近代的な校舎に入ると、吹き抜け天井と2階への続く階段の開放的雰囲気につつまれる。生徒にはコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、社会に参画できる能力などの実践能力を育成し、大学、企業等の連携をおこなって、社会貢献活動や地域との交流を行うなど、社会とのつながりの大切さを学校生活のなかで実感できる高校といえます。

尼崎市立尼崎双星高等学校

学校を紹介してくださった尼崎市商工会議所の松本久晃氏に、ホール壁面の前にお立ちいただいた。明るい大きいホールだ。

〒661-0983 兵庫県尼崎市口田中2丁目8−1
06-6491-7000
JR塚口駅より 徒歩15分

前の号では、「情報技術部」のロボカップの活躍を紹介した。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ