高校生・大学生が議員になって模擬議会開催――#埼玉県越谷市議会 第4回越谷市模擬議会 #高校生模擬議会

大会・イベント情報

2016/12/04

埼玉県越谷市議会 第4回越谷市模擬議会 

11月12日、第4回越谷市模擬議会が開催され、市内の高校・大学及び公募により選出された21名の高校生・大学生が参加した。
今夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられた。高校生に政治への関心を高めてもらおうと、全国各地の市議会や町議会が主催して高校生議会などが議場で開催されている。
(島原市、さいたま市、富士宮市、流山市、大洗町、伊万里市、可児市ほか多数)
「越谷市議会では、次代を担う若者に市政や議会への関心を深めていただくことを目的に、平成22年度から大学生を対象にした模擬議会を隔年で開催してきましたが、この度、公職選挙法改正により選挙権年齢が18歳以上に引き下げとなったことから、新たに高校生も加えて模擬議会を開催しました」との趣旨。
編集部は、若者たちがしっかりと準備して議会に臨み、堂々と意見を述べる様子を傍聴した。
(主催 越谷市議会/協力 越谷市・越谷市教育委員会)

第4回越谷市模擬議会「高校生・大学生議会」
○ 開催日及び会場
(1)平成28年11月12日(土)午前9時30分~午後5時
(2)越谷市議会本会議場
○ 模擬議員の対象と人数
(1)対象:①市内の大学2校及び高校8校から選出された学生(大学院生を含む)及び生徒
②公募により選出された市内在住の大学生(大学院・短大・専門学校生を含む)
(2)人数:①各大学5名以内、各高校2名以内、②公募6名以内の合計32名以内
6 内容
(1)市政に対する一般質問
・市議会一般質問通告方式に準じて実施するものとし、模擬議員が市政に対する
一般質問を行い、市議会議員が答弁者となる。
・模擬議員の中から議長、副議長を互選により選出する。
・質問は一人一問とし、質問・答弁を含めて8分以内とする。1回目の質問は3
分以内とし、時間内であれば再質問は何回でもできるものとする。

模擬議長には奈良美帆子(なら みほこ)さんが、模擬副議長には清水さくら(しみず さくら)さんが選出された

地方議会のルールに則って奈良美帆子模擬議長(文教大学 大学生)が議事を進行していく。
張りのあるしっかりした声だ。

模擬議員は 高校生 12名 大学生 9名 が出席した。

答弁をするのは現職の越谷市議会議員 18名である。

越谷市議会松島孝夫議長が登壇しあいさつを述べた。模擬議会開催のエッセンスが籠められていたので、紹介したい。

続いて、高橋 努 越谷市長は、若者が市政や議会に理解をふかめてほしいと語った。

 

松島 孝夫 越谷市議会議長 あいさつ

皆さんおはようございます。越谷市議会議長の松島でございます。本日は第4回越谷市模擬議会を開催しましたところ、12の高校、大学から21名の皆様に模擬議員としてご参加いただき、まことにありがとうございます。 また、この模擬議会の開催にあたり、ご協力いただきました高橋市長はじめ執行部の皆様、ならびに各高校、大学の関係者の皆様方に、この場をお借りいたしまして、改めまして厚く御礼を申し上げます。

さて、皆様ご存じのように、本年5月の公職選挙法の改正により、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられました。これは少子高齢化が進む中で、国や地域、社会などの現在、そして今後の在り方を決める政治に、若い世代の方々の意見がより反映されるように、ということを目指したものとされております。

この模擬議会は、次代を担う若者に市政や議会への関心を深めていただきたいとの趣旨により、平成22年度から開催して、今回で4回目となりますが、今回はこうした選挙権年齢の引き下げもふまえ、大学生の皆様に加え、新たに高校生の皆様にもご参加いただいております。

本日は普段、質問する立場にある16名の市議会議員が皆様方の質問に対し、そこに込められた越谷市についての思いも含めてしっかりと受け止めながら、誠意を込めて答弁していただきますので、皆様の目線からの率直なご意見やご提言をなさってください。そして、これを契機に、自分たちの暮らす社会や地域についてさらに関心を持ち、今後のよりよいまちづくりに積極的に参加をしていただければと思います。皆様の熱意ある若い力と無限の可能性に心から期待をしております。

本日はたいへんお忙しい中、高橋市長を始め、武藤副市長、吉田教育長にもご同席いただいております。また、この模擬議会の模様は傍聴者の皆様やインターネット中継によって、多くの方々がご覧になるかと思いますが、あまり気にしないで、皆様のお考えを堂々と主張していただきたいと思います。

結びに本日の模擬議会が皆様にとって、有意義で貴重な経験になることを祈念申し上げ、挨拶とさせていただきます。

続いて、高橋 努 越谷市長が登壇し、あいさつした

皆様おはようございます。ただいまご紹介をいただきました越谷市長の高橋でございます。模擬議会の開催にあたりまして、ひとことご挨拶を申し上げます。

このたびは、市議会の主催によりまして模擬議会がこのように開催されますことに、心からお喜びを申し上げます。また、開催に当たりましてご尽力をいただきました松島市議会議長様、服部副議長様を始め議員の皆様、そしてご協力をいただきました学校関係者の皆様に敬意を表しますとともに、心から感謝を申し上げます。学生の皆様におかれましては、学業等ご多用の折にもかかわらずご参加をいただき、まことにありがとうございます。質問を準備されるに当たりましても、大変なご苦労があったことと推察いたします。

さて、近年若者の政治への関心の低さが懸念されておりますが、本日の模擬議会では市政や議会について理解を深めていただくとともに、議場を活用することで、市民の皆様に開かれた議会を推進していくことを目的として開催されるとうかがっております。このたびの公職選挙法の改正により、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることになったことから、高校生の皆様もこの場におられますが、このような場で発言をするというのは、たいへん緊張するものでございます。どうかリラックスして、市政について質問していただき、市政や議会についてご理解を深めていただきたいと存じます。

本日は模擬議会ということで、学生の皆様の質問に対しては議員の皆様が答弁をされますが、学生の皆様からの貴重なご意見等につきましては、私も今後の参考にさせていただきたいと考えております。

結びに、ご参加の皆様にとりまして、本日が実り多い1日となりますことをご祈念申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

模擬議員が鋭い質問をする

一回目に登壇して質問後、自席から再質問をするため挙手をする模擬議員

模擬議員たちの一般質問は多岐にわたった

●自身の母親が介護の仕事で腰を痛めた退職した経験から、介護現場にロボットスーツを導入してはどうだろう、離職率の提低減に資するのではないかという質問内容があった。導入事例などよく調べていた。

●自分の住む地域を見渡した質問内容が出てくる。認可保育園を増やす工夫についての質問、高校生ならではの中学校の学校選択制に関わる質問があった。図書館の蔵書内容への希望があって新鮮な感じを受けた。

●多くの質問の中に、SNSの活用の意見が出ていた。若者の視点、声を感じた。

●市の観光資源で盛り上げようというものもあった。

●住宅街の街灯が暗いことから、安心安全を望む声もあった。

●保護者が一生懸命学校に行かせてくれていることを考えて入学準備金の返済時期についての質問も出た。

率直に、素直に感じた市政への疑問や意見を、彼ら彼女らなりによく調べて質問項目を組み立てて発言していた。

答弁者役の議員たちが、丁寧にわかりやすく答弁していく。温かい雰囲気が議場に満ちていた。

8分の持ち時間で、ドキドキしながらも堂々と登壇した若者たちには素晴らしい経験になったことだろう。

 

21名の模擬議員の一般質問が終わり、越谷市議会 服部 正一 副議長があいさつをした

若い人たちへの願いがこもる内容だった

皆様お疲れさまでございました。越谷市議会で副議長を務めております服部と申します。閉会にあたりまして一言ご挨拶を申し上げます。模擬議員の皆様におかれましては、朝早くから長時間にわたりましてご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。

 実際にこの議場に入って、議席に座って、そして登壇して発言するという感想はいかがでしたでしょうか。ご自分の順番が終わってホッとしている方もいるでしょう。自分の聞きたい答えが聞けて良かったなと思う方もいるでしょう。もうちょっといろいろなことを聞きたかったけれども、もう少し時間がほしかったなという方も多分いらっしゃると思います。今回はお互いに8分間という限られた時間の中でのやり取りでございましたけれども、皆さん方の思いをしっかりと受け止めて、私たち答弁した議員も一生懸命勉強しながら、精一杯答弁させていただいたつもりです。私たちの思いが皆さんの胸にしっかりと届いていることを願うばかりでございます。

 今日は皆さんの発言自体はたいへん短い時間でありましたけれども、発言をするにあたってはいろんな資料を読み込んで、いろんな方々の意見を聞いて、そして必要に応じて現地を調べて、そして質問をまとめていただいたことを、皆さんの質問を聞いていて、私たちも大変よく感じ取ることができました。実は私たち議員も、ここで一般質問を行いますが、皆さんと同じように時間が無制限にあるわけではありません。そこで、私たちの思いを効果的に市政に伝えることができるように、基本から時間をかけていろんな資料を調査して、そして多くの市民の皆さんのご意見を聞いて、そして現場に足を運んで、何が問題であるのかということを、しっかりと問題点を整理しながら、議員活動を行っているわけであります。そういった議員活動の一端を少しでも、今日感じていただけたら、私も大変うれしく思っております。

最近は、「シルバー民主主義」という言葉を耳にする時代であります。しかし、私は思うんです。皆さんのように若い世代が中心となって社会を動かして、社会を盛り上げていただくというふうに思っております。これから皆さんはそれぞれの高校、大学で勉学を積み重ねられて、知識を蓄えられて、そして社会に出られたら様々な経験をして、社会のありようや政治のありようを自分なりの意見として持つことになると思います。その時に今日の経験を生かして、問題点は自分で一生懸命に調べて、まわりの皆さんが納得していただけるような形で、ぜひ行動していただけるような、そういったリーダーになっていただきたいというふうに願っています。

私たち越谷市議会議員も、皆さんをはじめ多くの市民の皆様の思いをしっかりと受け止めながら、今日ご指摘をいただいておりますことを、市長をはじめ執行部の皆様とともに、皆さんの思いがしっかりと伝わる市政の発展に取り組んでいけるように、これからも活動していくことをお約束したいと思います。

最後になりますが、本日ご出席いただきました模擬議員の皆様、そしてそれを応援していただきましたご家族の皆様、学校の教職員の皆様をはじめ、本日の開催にご尽力いただきました関係者の皆様方に感謝申し上げ、副議長としてのご挨拶とさせていただきます。本日はまことにお疲れ様でございました。ありがとうございました。

第4回越谷市模擬議会「高校生・大学生議会」

越谷市議会

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

1月は、ウィンタースポーツにまつわるいろいろな言葉を紹介する。
「氷上のチェス」ともいわれるカーリングは、近年人気急上昇中のウィンタースポーツだ。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ