きょうのことば 2016年7月9日

きょうのことば

2016/07/09

4年の重みというのは、こういうことか。為末大 シドニー・オリンピック

7月はオリンピック、アスリートの言葉。為末大は、400mハードルの選手、若くから将来を期待された。

 

22歳の年に日本学生選手権で新記録をダシ、シドニー・オリンピックの代表に選ばれる。伸び盛りで期待されたが、62秒という予選でもっとも遅い記録で敗退。

9台目のハードルをひっかけ、転倒してしまった。

茫然自失の為末は、インタビューも終わってから

 

4年の重みというのは、こういうことか。

 

と実感したという。たった一瞬の失敗のために、それまでの努力が水泡に帰し、4年と言う気の遠くなるような歳月の後のリベンジを目指さなければならなくなったのだ。

為末はこの4年という歳月に耐えて2004年、アテネ・オリンピックに出場、さらに2008年の北京オリンピックにも出場。

世界の陸上界の高い壁に阻まれてメダルや入賞はならなかったが、為末は大舞台で「負けることの意味」を知り、引退後はスポーツ界のみならず教育界、ビジネス界で活躍している。

 

 

Crick

 

この記事の感想をコメント欄にぜひお寄せください。↓

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ