三遊亭、桂、林家・・・

きょうのことば

2016/11/23

きょうのことば 2016年11月23日

芸術の秋にちなんで、11月は日本の古典芸能にまつわる言葉を紹介する。
落語家には「亭号」というものがある。三遊亭、桂、林家など、一般の人でいえば苗字に当たるものだ。

亭号は江戸時代にできた。最初は師匠と弟子が違う亭号を名乗ることも多かったが、次第に同じ亭号を名乗るようになる。

亭号を見れば、誰の弟子か、どの一門かがわかるのだ。

ざっと亭号の流れを表せばこういう感じになる。

1123-02

落語は上方で始まった。

上方の主流である桂派の落語家の中には、江戸、東京に行って一派をなした人がいた。

反対に江戸落語の林家の落語家の中に、上方の弟子をとった人もいた。

こういう形で、東西の落語界は交流していたのだ。

今の落語家は、この系図の中にほぼ収まる。

ちなみに、落語家ではないが明石家さんまは、師匠が二代目笑福亭松之助なので、笑福亭一門となる。笑福亭鶴瓶とは「いとこ弟子」の関係だ。

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ