天満天神繁盛亭 

きょうのことば

2016/11/26

きょうのことば 2016年11月26日

芸術の秋にちなんで、11月は日本の古典芸能にまつわる言葉を紹介する。
天満天神繁盛亭は、10年前、約半世紀ぶりに大阪に誕生した落語専門の寄席だ。

落語を中心とした寄席は、関西でも戦前は数多く存在した。

特に北の新興繁華街である梅田近辺にはたくさん存在したが、これをつぎつぎと支配下におさめて、寄席のチェーン化に成功したのが吉本せい、吉本興業の実質的な創業者だった。

何かとプライドが高い落語家を扱いにくく思った吉本は、新しく人気が出てきた漫才を抜擢する。

横山エンタツ、花菱アチャコが人気となり、漫才をメインとする新しい寄席「花月」が旧来の寄席を席巻した。

上方落語は昭和初期には衰退。1957年には最後の落語専門の寄席も閉鎖された。

戦後、復興されたが、ながく落語をメインとする寄席はできなかった。

2006年、上方落語協会の会長の桂三枝(現六代目桂文枝)は、所属する吉本興業の了解も取り付け、半世紀ぶりに落語専門の寄席、天満天神繁盛亭をオープンさせた。

ちょうど落語ブームにもなって、天満天神繁盛亭は順調に推移。今や上方落語のメッカになっている。

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ