寄席の「色物」 

きょうのことば

2016/11/27

きょうのことば 2016年11月27日

芸術の秋にちなんで、11月は日本の古典芸能にまつわる言葉を紹介する。
寄席の演芸には「色物」と言われるカテゴリーがある。

寄席は基本的に落語を公演するための劇場だ。しかし落語ばかりだと変化に乏しいので、漫才や曲芸、音曲(三味線)、手品(マジック)、マリオネットなど、その他の芸能も交えていく。

寄席では出演者の看板をずらっと掲げるが、落語は墨一色で掲げ、それ以外の芸能は、その芸能ジャンルを赤字にするル―ルになっている。

お客さんに、どんな芸人が出演し、落語は誰で、その他の芸能は誰かを知らせるためだ。

寄席で行われる落語以外の芸能は赤字の看板になることから「色物」と言われている。

東京では「色物」の芸人も、落語協会、落語芸術協会に所属している場合が多い。

かつては「色物芸人」は、落語家よりも身分が低いと言われたが、漫才師などに売れっ子が出て、その序列は今や崩れている。

 

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ