天皇杯 #サッカー #Jリーグ 

きょうのことば

2016/12/27

きょうのことば 2016年12月27日

12月は天皇杯の争いがいよいよクライマックスを迎える「サッカー」の言葉。
天皇杯は、アマとプロの垣根が低いサッカーならではの全国的な競技大会だ。

天皇杯全日本サッカー選手権大会は、1921年にはじめられたサッカーの全国大会。

もとはトップリーグのチームだけの大会だったが、今はオープン化されている。

第1種登録(年齢制限なし)のチームであれば、どのチームにも予選に参加する資格がある。

Jリーグ、アマチュア一般社会人チーム(実業団チーム、クラブチーム、学生・社会人の混合チームなど)、大学チーム、専門学校チームが参加可能だ。

Jリーグのトップチームが、学生や地域のアマチームと対戦することもある。稀にはそうした無名のチームがJのトップチームを破ることもある。

そういう番狂わせも「天皇杯」の魅力の一つだ。

野球の場合、広島カープと早稲田大学がトーナメントで真剣勝負をすることは考えられないが、サッカーの天皇杯ではそれが可能なのだ。

1回戦は9月に始まり、決勝は翌年の1月1日に行われる。

サッカー選手にとって「元旦にサッカーをする」ことは大きな目標になっているのだ。

 

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

1月は、ウィンタースポーツにまつわるいろいろな言葉を紹介する。
「スマイルジャパン」は、アイスホッケー日本女子代表の愛称。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ