なでしこジャパン #サッカー #女子サッカー 

きょうのことば

2016/12/28

きょうのことば 2016年12月28日

12月は天皇杯の争いがいよいよクライマックスを迎える「サッカー」の言葉。
Jリーグに続いてサッカー界が力を入れたのは、女子サッカーだった。

日本の女子サッカーは男子よりも整備がはるかに遅れていた。

1960年代になってようやく女子サッカーが全国で行われるようになる。日本代表が初めて結成されたのは1978年のことだ。

この時期、男子サッカーもメジャー競技ではなかったが、女子はさらにマイナーな競技だった。

しかしJリーグが立ち上がって3年後、女子サッカーがアトランタ五輪の正式種目になる。日本代表は本大会に出場したもののグループリーグ敗退。

ここから女子代表の強化が本格的にはじまり、2004年のアテネ五輪前に「なでしこジャパン」という愛称もでき、一躍注目を集めた。

2008年、佐々木則夫監督が就任、澤穂希を中心としたチーム作りが進み、2011年の女子ワールドカップで、準決勝でスウェーデン、決勝でアメリカを破って世界一になった。

東日本大震災直後で、大きなダメージを受けていた日本は、この快挙に沸いた。

澤穂希が引退して、なでしこジャパンはリオ五輪には出場できなかったが、世界の強豪としてリベンジを期している。

 

 

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ