キッズリーダー #サッカー #普及活動 

きょうのことば

2016/12/29

きょうのことば 2016年12月29日

12月は天皇杯の争いがいよいよクライマックスを迎える「サッカー」の言葉。
キッズリーダーは、日本サッカー協会公認のライセンス。

「キッズリーダー」は幼児期や小学校低中学年代の子供たちへの指導を行うライセンス。16歳以上から取得できる。

キッズリーダーは幼児にサッカーの指導する指導者だが、ルールを教え込んだり、技術やマナーを教えることよりも、「サッカーを好きになる」ことに主眼を置いている。この点が他のスポーツの指導者とは異なっている。

野球や武道などでは、小さな子供に挨拶や礼儀を教え、厳しく指導する。野球では小学校からバントを教えたりもする。

しかしサッカーは、そういうことよりも「ボールを蹴る愉しさ」、「仲間と一緒にプレーする喜び」などを優先している。

また、子供たち一人一人が何かをできるようになると、「よくやった」と褒めることも重要視されている。

とにかく「明日もサッカーがやりたい」と子供たちに思わせることを目的にしているのだ。

今や10代以下の若者が一番好きなスポーツは「サッカー」になっている、キッズリーダーの功績は大きい。

 

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

元気な部活応援!コンパスナビTV
2016年4月~2017年3月に放送された「コンパスナビTV」の動画や取材記事は、こちらでご覧いただけます。
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ