サッカーの未来 #サッカー #Jリーグ #百年構想

きょうのことば

2016/12/31

きょうのことば 2016年12月31日

12月は天皇杯の争いがいよいよクライマックスを迎える「サッカー」の言葉。
「少子化」「高齢化」が進む中、日本のサッカーはどこへ行こうとしているのか。

今年、なでしこジャパンはリオオリンピックに出場することができなかった。

このために女子サッカーは観客動員が低迷した。

いまだに、サッカーは「国際大会で活躍しないと、人気は盛り上がらない」状況にある。

JリーグはJ1からJ3まで53チームに膨れ上がったが、観客動員は全部合わせても12球団のプロ野球の4割でしかない。

底辺でのサッカー人口の拡大は続いているが、サッカー人気は右肩上がりとは言えない。

しかし、日本サッカーは、そうした現実をしっかり見つめ、前進しようとしている。

重要なことは「サッカーによるお金儲け」ではなく、日本人が「サッカーを楽しみ」、それをうまく活用し、「健康で文化的な生活」を送るための道具にすること。

「百年構想」「グラスルーツ」という確固とした考え方のベースがあるから、サッカーはこれからも進化していく。

 

今年1年「ナビ部」をご愛読いただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。皆様、良いお年を!

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

1月は、ウィンタースポーツにまつわるいろいろな言葉を紹介する。
「スマイルジャパン」は、アイスホッケー日本女子代表の愛称。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ