レルヒ #スキー #ウィンタースポーツ #テオドール・レルヒ

きょうのことば

2017/01/12

きょうのことば 2017年1月12日

1月は、ウィンタースポーツにまつわるいろいろな言葉を紹介する。
「レルヒ」とは、日本にスキーをもたらしたテオドール・エードラー・フォン・レルヒのこと。

テオドール・エードラー・フォン・レルヒ(1869-1945)は、オーストリア・ハンガリー帝国陸軍の少佐だった。

1905年、日露戦争で日本が大国ロシアに勝つと、世界各国は「なぜ小国日本がロシアに勝ったのか?」を研究するために武官(軍人)をたくさん日本に派遣した。

レルヒものその一人。1910年に来日。そのスキー技術に注目した日本陸軍は、新潟県越後高田の第13師団を指導するように依頼した。

レルヒは陸軍軍人たちに2か月ほどスキーを指導。さらに旭川の第7師団も指導した。

レルヒがスキーを指導するまで、日本では、雪の中の移動手段としては「歩く」「そりに乗る」しかなかった。

1902年に八甲田山で陸軍陸軍第8師団の歩兵第5連隊の199人が遭難死したのも、スキーを知らなかったことが大きいとされる。

スキーは、軍人に広まっただけでなく、一般の人々にも普及し、冬の最大の楽しみになった。

レルヒが第13師団の軍人に、初めてスキーを教えたのは1911年1月12日。

それを記念して1月12日は、「スキーの日」となっている。

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

新しいアメリカ大統領が誕生した。それにちなんで、2月はアメリカ大統領のことば。
第41代ジョージ・H・W・ブッシュ(1924-)は、レーガン大統領の後継者だったが、湾岸戦争の開戦し、イラクを崩壊させた。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ