大回転 #アルペンスキー #スキー #ウィンタースポーツ

きょうのことば

2017/01/08

きょうのことば 2017年1月8日

1月は、ウィンタースポーツにまつわるいろいろな言葉を紹介する。
大回転は、回転とともに代表的なアスペンスキーの競技。技術とともにスピード、パワーがモノをいう。

大回転は、つま先からかかとを固定するスタイルのビンディングを装着する「アルペンスキー」の競技種目だ。

ジャイアントスラロームともいう。

回転よりも傾斜のきついコース。回転よりも少ない旗門を通過する。技術とスピードを共に求められ「究極のアルペンスキー競技」とも呼ばれる。

アルペンスキー競技には、さらに傾斜のきつい斜面を滑り降りるスーパー大回転、そのまた上の滑降(ダウンヒル)と4つの種目がある。

それぞれスキーが異なり、競技の特性も異なっている。

また、それぞれにスノーボードのジャンルも設けられている。

スキーはすべて一人が滑ってタイムを競うが、スノーボードは2人の選手が並行するコースを並んで滑るのが一般的だ。

スキー板の進化とともに、アルペンスキー競技は、板が短くなる傾向にあるが、今では最低限の長さが規定で決まっている。

ヨーロッパでは非常に人気のある競技であり、巨額の報酬を得るプロ選手がいる。

 

Crick

この記事の感想をコメント欄にぜひ寄せください。

コメント

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
※が付いている欄は必須項目となります。
投稿いただいたコメントは、内容を確認をさせてもらった上で掲載させていただきます。

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。
投稿後のコメントは編集できません。

きょうのことば

1月は、ウィンタースポーツにまつわるいろいろな言葉を紹介する。
「氷上のチェス」ともいわれるカーリングは、近年人気急上昇中のウィンタースポーツだ。

元気な部活応援!コンパスナビTV
サッカー ナビ部 全国高校 サッカー部ポータルサイト
吹奏楽 ナビ部 全国高校 吹奏楽部ポータルサイト
野球 ナビ部 全国高校 野球部ポータルサイト
主役はみなさん!ナビ部に出よう!
一般社団法人 青少年自助j率支援機構 コンパスナビ